30代、“肌の曲がり角”で出逢ったタダモノではない新感触クリーム

メインイメージ

お肌の大敵、乾燥の季節が到来! シートマスクでお馴染みのルルルンから発売された『モイストジェルクリーム』は、“ぷるぷるふわっ”とした今までにないテクスチャーで、美容感度の高い女の子の間で話題に。クリームでも乳液でもジェルでもない新触感だからできる保湿ケアで、アラサーOLの肌悩みを解決します!

高価なクリームよりも、コスパの良いアイテムをたっぷり惜しみなく

不規則なサイクルで出張も多いという、OLの黒沢小百合さん(31歳)。透明感のある美肌からは想像もつかないけれど、人前に出ることも多い仕事柄、肌悩みは尽きないと言います。

記事イメージ

「最近の悩みは乾燥による肌荒れ。睡眠不足が続くと、ちょっとした刺激に敏感になり、乾燥から赤みが出たり、肌が荒れてしまったり。また30歳をすぎてから、エイジングケア(※1)も気にするようになりました」

MAQUIA専属ブロガーでもある黒沢さんが、この冬の保湿アイテムとしてイチオシするのが、『ルルルン モイストジェルクリーム』。

記事イメージ

あのシートマスクの「ルルルン」が10月から新しく発売した保湿クリーム。

「普段から、しっかり保湿するために、高価なものを少しずつ使うのではなく、低刺激で肌にやさしいナチュラルなものを惜しみなくたっぷり使っています。このルルルンのクリームは保湿力もコスパも最強なんです!」

ベタつかないのにしっとり保湿。
ふわっとかる〜い着け心地のトリコ!

記事イメージ

「第一印象は、"気持ちいい!"でした(笑)。ぷるぷるだけど、ジェルでも乳液でもクリームでもない、今までに体験したことのないテクスチャーなんです! ちゃんと油分はあるのに、ベタベタしないのが良いんです」
※個人の感想です。効果を保証するものではありません。

黒沢さんが虜になった、そのテクスチャーの秘密は独自の『マイクロゲル構造』にあります。さっぱりとしたマイクロゲルで保湿力の高い油分を包み込んでいるから、ぷるんっとみずみずしい新触感が実現。

記事イメージ

肌の上にのせるとするりと伸び、乳白色からあっという間に透明に変化して、溶け込むように馴染んでいきます。

記事イメージ

肌表面にフタをするかのように薄いオイルのヴェールができ、内部に水分をたっぷりと含んでモチモチとした質感に!

記事イメージ

ぷるぷるのジェルを手に取り、するすると顔に伸ばしていくと、自然なツヤが生まれて、まるで内側から輝くような素肌!

記事イメージ

「手がすいつくように、肌が潤っているのがわかります! 少し厚みのあるぷるぷるのジェルを伸ばすと、乳液やクリームのような油分が肌をラッピングするように、すっと馴染んでいきます。しっかり潤うのにベタつかず、ふわっとかるい着け心地だから、朝晩ともに使えますね」
※個人の感想です。効果を保証するものではありません。

手間いらずでしっかり潤う。
乾燥シーズンのデイリーケアはこれで決まり

記事イメージ

忙しいときほど敏感肌になり、乾燥から肌荒れを起こしてしまうという黒沢さん。この『モイストジェルクリーム』は、肌のバリア機能を高め、乾燥による炎症から守る成分を配合しています。さらには、抗酸化力のあるパッションフルーツ種子油を配合し、エイジングケア(※1)にもぴったり。

記事イメージ

11/15から全国販売が開始されるモイストジェルクリームですが、一足先に確実に手に入れるなら公式オンラインショップが便利。

なんと、今だけ7枚入りのルルルンが無料で付いてきます!しかも、マスクとセットで50%OFFというWEB限定のセットも販売中。送料無料なので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

『ルルルン モイストジェルクリーム』詳しくはコチラ

上へ